Archives 2020.06.23

Tweets for 2020-06-22

  • RT @desuga_NlkL5EiN: 「ボランティアでも殴られるのか」という物言いには二点錯誤があって、まずプロダクトへの指摘や批判は「殴る」とは普通言わない、という点と、ボランティアであることは一般に免責を意味しない(OSSが一般に免責であるのはライセンスでそう縛っている… ->
  • 「最善を尽くしたのだからいいじゃないか」というのは医師や救護者ぐらいに適用すべきだと思うけど、今の日本だと医師ですら訴訟を起こされかねんのよな。 善きサマリア人の法 – Wikipedia https://t.co/CRZJFNN8Zq ->
  • 中国製の不織布マスクがどんどん値崩れする一方、布マスク的なものがどんどん進歩する流れいいと思う。 ->
  • 人類にOSSの考え方は早すぎたのではないか説 ->
  • でも、OSSという形態があってそれを手伝ってることを、身近な人にかいつまんで説明すると大体「いま、そんな仕組みあるんやねー」ぐらいなので生兵法でOSS知ってる人の方が扱いがややこしい気がする。 ->
  • 「Automatic社のオープンソースCMSであるWordPress」とかいう記事が出回るぐらい、みんなソフトウェアやインターネットを雰囲気で使ってる。 ->
  • アジャイル開発やバザール形式が不適な領域があるんですよ…医療とか金融とか。 ->
  • 公開リポジトリにソースコードをおいてカテドラル形式で開発は全然矛盾しないですよ。「伽藍とバザール」において伽藍(カテドラル)はオープンソースのGNUのプロダクトが念頭にあったそうなので。 ->
  • セブンペイのこと、時々でいいから思い出して上げてください。 ->
  • RT @daudau787: 昔、ドクターヘリの人も言ってました。

    「俺が絶対救ってやる!もう少し頑張れ!厳しい天候だけど絶対着陸してやる!‥とかは思わないようにしている。むしろジャガイモの段ボール運んでるくらいの気持ちでいる。感情は判断を誤るから」って。

    ドラマでは分から… ->

  • ネットニュースみたいにTwitter衰退の日がくるのだろうな(既に来ているのかも知れない) ->
  • RT @Toro_Unit: 開発に関わってないからこそ、見えることもあるんだろうし。

    あと、プライベートでイラッとした話ですが「OSSなんだからお前が直せ」はそういうの1㍉もやってない人が言うのはどうなんだろう。結構たいへんだよwww ->

  • OSSの修正は、プロジェクトの途中からアサインするようなもんなんで、まあ時間も手間もかかりますよ。あとプロジェクトによってはフォークして立ち上げ直すしかなかったりもする。 ->
  • GitHubでも荒れてるIssueはあるのでね。自分はそれをみて使うの止めたソフトある。そういうコミュニティじゃいい未来図が描けないよ、使うだけにしても。 ->
  • やはり来たか… 全MacがArmに切り替えか まずはiMacと13インチMacBook Proから – ITmedia NEWS https://t.co/qpcwagrT3T ->
  • ヒーリングっど プリキュア:新プリキュア・キュアアース(風鈴アスミ)が今夏登場 声優は三森すずこ 新EDは宮本佳那子 https://t.co/xH6nUlZi7G @mantanwebより ->
  • 二階堂幸短編集 ありがとうって言って – 二階堂幸 / 第1話 あなたの隣にも~人~ | コミックDAYS https://t.co/V1zVtE3mxE ->
  • Chromium Edgeに「始める」以外の選択肢がなかったように、IEを起動したら「終わる」という選択肢が出るように用意して頂きたく… ->
  • RT @oh_you_udon: 今日は武部沙織さんの誕生日!女子力を活かした通信手として活躍する姿が超好きです、今年も誕生日おめでとうございます!
    #武部沙織生誕祭
    #武部沙織生誕祭2020 https://t.co/bFfjElqwW7 ->
  • RT @GoslingOne: そうだ今日さおりん誕生日じゃん
    #武部沙織生誕祭2020 #武部沙織生誕祭 https://t.co/6xzIBiifes ->
  • RT @nikaidooooooooo: コミックDaysにて短編集第3話公開
    みてねみてね〜
    https://t.co/WHQHNLXYrk https://t.co/GL1kN67p0z ->
  • この15年ぐらい「こんなことだから○○の業界は海外に人が流れる」と聞いてきたので、日本から流出した人材がどうなって、残された業界がどうなったか「結果」が出てるところもあるんじゃないだろうか。 ->
  • ここ半年で完全に答え出ましたね。 口の悪い人間をエンジニアとして採用するべきか https://t.co/gUP3doqvul ->
  • 「日本人は議論ができない」みたいな風潮が出た時に、ディベートが流行ったのは悪手だったよなあ。ていうかリクルートかベネッセか何かが流行らしたのか? ->
  • なんらかの「問題」に対して二手に分かれて論理的に優れた論証をした方が「勝者」なんて、やっぱり完全にゲームだよな。ゲームをゲームとしてやってるなら、それは問題ないが。 ->
  • フローチャート職人の復権か… 2030年 「エンジニアです。コードは書けません。」|__shinji__ @__shinji__ #note https://t.co/YgSyGKWKxh ->
  • パイプ処理も「コーディングからの開放」なんだよな。書かないことが一番安上がり。 ->
  • うちの親戚で昔COBOLやってた叔母さんもコードはほとんど書かなかったこともあるらしい。フローチャートを書いて処理の最適化を追い込んだりとか。そういう仕事を1970年代当時には、エンジニアリングとは呼ばなかったんじゃないかな。 ->
  • 文系学部卒で事務採用の女子が集められてCOBOLを教えられて、そこからずっとフローチャート書いて、コーディングはプログラマにさせて、プログラマは紙に書いたコードをキーパンチャーに渡す。という感じで一時期、ずっとフローチャートを書いてたらしい、親戚の叔母さん。 in reply to K_akiya ->
  • ということで「非専門職でもプログラミングできる仕組み」というのは情報工学が70年追い求めてきた夢だけども、やっぱりコーディングするしかないのよな。もうこれは、人間の思考が言語を使ってる以上、変えようがないのでは。 in reply to K_akiya ->
  • 誰でも書けて何にでも使えるプログラミングの仕組み、結局COBOLみたいな「末路」を思い描いちゃって、もう二度と広く普及することはないんじゃなかろうか。多くの人に「銀の弾」だと錯覚させるような何かがあれば、爆発的な普及にワンチャンある?言語も昔と違って多いしどうだろな。 ->
  • テンプレート定規で描かれたフローチャートから、コーディング用紙にコードを書いていくのがプログラミングだった時代というのは、そう遠い昔でもないのだ…
    5.2 コーディング用紙
    COBOL85で使用するコーディング用紙の形式を次に示す… https://t.co/H3VxYnqxC0 ->
  • COBOLも1つの理想の体現だったのよな、そしてScratchもおそらくそう。問題は、それが「銀の弾」だと勘違いするところにあるのではないかと。両方とも自分は高く評価しているので、だからこそ適材適所でなければその価値を損なうと思う。 ->
  • 「プログラミングなんか低級な仕事はコーダーにさせとけ!大卒事務員はフローチャート書くとか高度な仕事をしろ!」という感じだったらしい。 in reply to K_akiya ->
  • まあ「プログラミングは単純作業」なんてのは1975年の「人月の神話」で明確に否定されてる。 in reply to K_akiya ->
  • 海外の開発コミュニティにおける「慈悲深き終身の独裁官」です。 https://t.co/Au9Ab3Nu3b ->