25年ぶりにプラモを組んだ

フィギュアライズ バスト マクロスΔ レイナ・プラウラー

ガンプラの技術を応用して、キャラクターフィギュアを胸像のプラモデルにしたという、バンダイ フィギュアライズ バスト シリーズ
超音速備忘録  @Kalapatterさんで紹介されているのを見て、その驚異のテクノロジー&造形美に圧倒される。発想が凄いが、技術も凄い、造形も凄い。
そして何より安い、税込み1620円である。コンパクトなのもいい。
予約して買いました。

レイナプラウラーキットの写真

マクロスΔより レイナ・プラウラー


最近のガンプラはよく出来てるからニッパーでパチパチやってパチパチ組めばOKだよ!
ってんで、手持ちのニッパーで行けるかと思って、箱を開けたら全然無理だった。
レイヤードインジェクションなる技術により、デカール(シール)でも塗装でもない、始めからこの形に成型されてランナー(枠)に収まっている。どれぐらい小さいかは印刷物のモアレから判断して頂きたい。
レイナプラウラー瞳のパーツ
パーツが細かければ、ゲート(パーツと枠の接合部、ここからパーツへ樹脂を流し込む)も細い、組み立て説明図にはバッチリ「プラモデル用ニッパーを使ってね!」との由。手持ちの工具では危険である。

25年ぶりにプラモを組む

そして、近所の模型屋でニッパーを買ってきたので組んでみる。
この模型屋で小学生の私は駆逐艦の模型を買って、雑に作って雑に色を塗っていた…
ミニ四駆もBB戦士もラジコンも、子供たちは皆、この模型屋に通ったものだ……
ランナー(枠)からパーツを切ろうとゲートへ刃を入れると、割れるような感触。刃が食い込んでいる感じがない。素材が違う。顔料によって変わるのだろうか、色によって手応えが違う。
レイナ・プラウラー キットのランナー写真
パーツが全般的に複雑な曲面で成形されている。パーツの分割も複雑だが、スッと組み合わさる。これは3D CADとかで設計しているのだろうか。材料工学と設計の進歩を感じる。
これを組んでいくと…
レイナ プラウラー キット 右腕パーツ
こうなって……
レイナプラウラー 胴体組み立て中 写真

Welcome to Walküre World!

レイナ プラウラー 完成写真
完成。
平日に2日ぐらいに分けてやろうかと思っていたけど、完成が見たくて一気に仕上げました。
私が新たに買ったのはプラモ用ニッパー\1050円也。キットが1620円(税込み)すごいお手軽に作れてしまう。ヤスリはほとんど使わなかったです。ヤスリかけると表面仕上げが削れて肌理が変わってしまう。使った道具がこれぐらい。
使用工具 写真
レイヤードインジェクションのパーツを組んだ顔のアップ。デカールだとアップは厳しい。
アップ
さあ、これで我が家でもWalküre World開幕です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください