Twitter Updates for 2012-10-13

  • アメリカの国立衛生学研究所は27の研究所を持つ…これがアメリカのイノベーション力なのだ… ->
  • イギリスだと王立なんとかが強い、ドイツだとマックスプランク○○研究所、それに大手製薬メーカーが本社構えてる。さらにベンチャー企業が隙間を埋めている。日本が製薬弱いとか当然の帰結… ->
  • ウォークマンは技術者が勝手に作って自分で使っていた。VHSは窓際族が集まって開発した。横井軍平は仕事がなくてマジックハンド作ってた。汲々としたカイゼンは何も生まない。 ->
  • マネジメントでは「改善」という言葉を一言二言しか使っていない。改善を知らなかったのか、いや熟知していたはず。具体的なツールの一つで日本特有の「文化」だと考えて一般化しなかったのだろう。 ->
  • 今年は「仕分け」しねーの?iPSに金回すのにどっか「仕分け」しないと。 ->
  • 上映済みフイルムの希少性=リバーサルフイルムと映像・音声ソースBDは簡単に手に入るが、光学トラック入りプリントマシンは手に入らない。 ->
  • 大体、デジタル作成されたモノをフイルムに焼き直すことによる劣化に抗議の声が挙がるべきなんだよ。それを切り刻んだフイルムを有り難がるとか、映画のデジタル化なんてちっとも進んでないんじゃねーの? ->
  • 生フイルムに何かが映っている人は早く停止液を! ->
  • 劇場版たまゆら作成の際は是非、生フイルムを特典にしてほしいですね。後から撮影するとキャラが映り込む素敵な135フイルムカートリッジを。 ->
  • 円グラフはナイチンゲールの発明。 ->
  • ホントKodakに教えてやる人はいなかったのかな…上映済みプリントを切り刻んで配ると喜ぶマニアが居るって。 ->
  • エスキモーに氷を売るのがセールスマンだ。安全な飲料水のないところに粉ミルクとミネラルウォーターをセットで売るのはよく訓練されたセールスマンだ!ホント資本主義は地獄だぜ!フゥアハハハー! ->
  • 玩具の宇宙飛行士とか熱帯魚のフイルムストリップあげれば子供も喜んだんじゃないかな。 ->
  • 自社の育んだ市場が崩壊していく恐怖と撤退戦略について、フジフイルムのシングルエイト以上に分かりやすい事例はないのだろうか、リコーの湿式コピーとか類似例はあるが。 ->
  • ドレッドノート級の配備により、建造中の戦艦すら時代遅れになった事例とか…ますます分からん。 ->
  • ドレッドノート登場前夜に学ぶイノベーションのジレンマ。 ->
  • 今、この瞬間にもドレッドノート戦艦が建造されているかもしれないのだ。 ->
  • 我々が考えるべきは、如何にドレッドノートのごとき革新的兵器を産み出すか、よりも先に今まさにドレッドノートが建造されているかもしれないということです。イノベーションのジレンマなどと言っている間にも、未来のドレッドノートは着々と完成に向かっているのです。 ->
  • 蒟蒻はヒジキ混ぜて黒くしてんだよねぇ…一体どういう理由で? ->
  • HMSドレッドノートぐらい一般常識として知っておくべき。 ->
  • しかし…ドレッドノートはこれという戦果を挙げていない。 ->
  • 自然科学系はマスコミに取り上げてもらえるからいいよね、社会学の基礎研究は… ->
  • 科学技術立国とかいうからマネージメントが崩壊してんだ、いや構築されたことすら稀だ。 ->
  • アポロ計画は科学技術でなく、プロジェクト管理や情報管理の勝利なのだ。でなければ、大ソ連の方が先に月に到達していたはずなのだ! ->
  • 山中教授は1959年生。いわゆる「団塊の世代」からはノーベル賞受賞者は出ていない。 ->
  • 戦車と歩兵戦闘車の区別が付かないのに、論文雑誌の査読有り無しが分かるわけないでしょう。 ->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください